高校を卒業後、イギリスの大学で4年間、FilmとDanceを勉強。
2008年無事日本に帰国して、2009年4月より新社会人中です。

気まぐれ更新中☆

Since 2006.09.18←2005.02.19←2004前半
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
Christmas☆4泊5日
今年のクリスマスも去年と同様、グレイスのお家でお世話になりました♪

グレイスのお家にはワンちゃん3匹にネコちゃん1匹。みんな女の子!
今回はワンコのご紹介☆

フローラ&ガス
左が10歳の「フローラ」。右が「ガス」(年齢聞き忘れたー。一番若い子!)

フローラは体調崩して血を吐いちゃったり、
ガスは右前脚の肉球が赤く腫れちゃって、こんな↓姿。
ギブス

そして16歳のローズ。
ローズ
すっごく年老いちゃってて、
目も耳もあまり良くなくて、足腰も弱ってるから真っ直ぐ歩けないし、
しかも一度階段から落ちちゃったり、ちょっと倒れちゃったり。

3匹ともすっごくかわいくて、いっぱいふれあってきた!

じゃぁ、振り返りスタート!

☆23日☆

2時頃ウィンチェまで車で迎えに来てくれて、グレイスのお家へ!
その日の夜はグレイスの彼氏クリスのNew Homeで彼氏の家族を呼んでDinner。
立食パーティー的なモノをつくりました!
私も僅かながらお手伝い。
モッツァレラとトマトのサラダを。

トマト&モッツァレラ
見て?この美しき盛り方!The☆A型日本人(笑)。満足♪

クリスはパグを飼ってます。

リーラ
リーラ。超フレンドリー。人間大好きみたい♪

クリスのお姉ちゃんは十数日前に赤ちゃんを産んだばかり!

生後数日。
ノアくん。手の指がとっても長いの!
(私の髪もとっても黒いのw)

☆24日☆

グレイスパパと共に買い物へ!
グレイスとグレイスママの大好きなお店に立ち寄り、
いつ休みなのか確認したら、24日しか私が滞在する間でOpenしてないことが判明。
そしたらグレイスパパが、
「本当はクリスマスプレゼントだけど今日しかチャンスがないから・・・」
って、そのお店の商品券をくれたの。
(みんな25日まで絶対にプレゼントを開けないのよー)
去年もそうしてくれて、自分でその金額の分好きなモノを買える♪
今年はネックレスを購入!ちょうお気に入り!

そのあと、近くの国立公園へ!
ナショナルトラスト

すっごい綺麗な景色だったんだけど、
私たちの背後には、こんなモノが・・・

事故車
事故った車!青と白のテープは、Policeシール。

この後は、グレイスママのお友達(だったと思うんだけど…)のお家へ。
その後いっしょにウィンボーン教会でクリスマス礼拝。
またお友達のお家に戻ってDinner。
やっぱり去年と同様、その家のパパが料理を用意して、
女性陣はワインとシャンパン片手におしゃべり。
Vivaレディーファーストw

夜は家に戻って、グレイスママの叔母様達が訪問。
とってもオシャレでかっこいいアンティー(Aunties)達。
イギリスの教育に関する政治は狂ってる!って話をしましたw
なんか、父の日に学校でカード作る授業をなしにしたとか。
何故ならパパのいない家庭があるからだって。。

だから、日本でも徒競走でみんなで一緒にゴールするらしいって言ったら、
イギリスでは運動会さえもなくなった学校もあるらしい(驚)
運動会はやろうよ?肥満児また増えちゃうよ!

☆25日☆

クリスマスデイ☆
クリスマスプレゼントを開けまくる日!
グレイスのお家は死ぬほどクリスマスプレゼントがあるのさ。
全てクリスマスツリーの下に山積みされてるー。
で、24日寝る前にいつものソファーの指定席の前に、
プレゼントを誰宛かで分別して、
当日みんなで開けるのだー☆

今年もまたまたいっぱいいただきました☆
クリスマスプレゼント
わーい☆

でも、16歳のローズってワンちゃんがかなり体調が悪くて、
グレイスママもグレイスも泣いちゃってて…。
でも家族の時間だと判断し私は2人をそっとしておきました。

そしてグレイスパパからのミッションで、サーキットの組み立て。
サーキット

グレイスママからグレイスパパへのクリスマスプレゼント。
『カジノロワイヤル・サーキッド』。
一人で全て組み立てました!こういうの大好き☆

夜はもちろんクリスマスディナー!withグレイスのおばあちゃん!
七面鳥の丸焼きに、ローストポテト・野菜などなど!
ちょーおいしい!

☆26日☆

ボクシングデイ。
この日も家でのんびり。
あ、クルドっていう推理ボードゲームをやった!
ちょーおもしろい。
英語だけど、英語は全く使わずに遊べるから
日本に絶対買って帰るんだ。決めた。

グレイスのいとこが遊びに来たり。
またまたおばあちゃん遊びに来たり。

夜はまたまた素敵な伝統料理作ってくれて☆
まったりな1日。

☆27日☆

そして最終日!
グレイスママとグレイスと再びウィンボーン行って、ちょっと買い物。
あとは家でのんびりしてから帰ってきたよー。


いっぱいいっぱい楽しい時間をありがとう!
感謝感謝です!
09:10 Travel comments(2)
ただいまー☆Christmasyな5日!
ただいまー☆

Graceのお家より戻って参りました。
いやー、本当にお世話になった。
いつものことだけど、本当にありがとうな気持ちでいっぱいです。

イースターホリデーも、夏日本に帰る前にも、いつでも、
遊びにきていいんだよってみんなが言ってくれて。
私は本当に幸せです。
お言葉に甘えて遊びに行かせていただきます!

日本に来たいって!来い来い!待ってるぞ!笑

写真は土曜か日曜にUPします。
なぜならーーーー?

明日はロンドン!英国ロイヤルバレエの『くるみ割り人形』見に行くから!
そしてそして!セールに行くから!

ロンドンYeah!買い物Yeah!日本食Yeah!バレエYeah!
(↑分かる人には分かるw)


あーオダジョの結婚、ショーーーック!
08:29 Travel comments(0)
エジンバラ2日目☆ラスト!
どーも!今日は首になったと思ってた中華料理屋さんでバイトしてました。
この前1ヶ月ぶりに電話が来て、久しぶりの復活。
日払いだから、働いた感あるのだ☆
そして何よりお金なさ過ぎたから、神様のお恵みかな?
ありがとう、神様。

ってか、まだエジンバラ終わってなかったの?って感じじゃない?
ここまで更新遅いと、飽きるよね(苦笑)
ごめんごめん。コレにてラストです。

----------------------------------------------------------

2日目、エジンバラ城行った後は、買い物タァーーーーイム☆

エジンバラ城へ向かう道は、石畳で、
「ロイヤル・マイル」って呼ばれてるんだけど、
その道に裁判所があるのね。
その角にある像がとってもイケメン。

哲学者

イギリスとかヨーロッパとかって、普通にその辺に綺麗な像があるから、
普通に見過ごしそうだったんだけど(笑)
昔の哲学者だそうです。名前は割愛。(単に覚えてないだけw)

この道には「クローズ」と言われる、
狭い通り道がいっぱいあるの。

クローズ

夜とか、向こう側に夜景が見えてとってもキレイ☆

あと、コレは持ってるガイドブックに載ってなくて、何か分からないんだけど、
とっても雰囲気のある建物。

昼間

これ、夜には素敵なライトアップが!

夜。

下のアーチの柱には、木が。
普通の壁には、雪の結晶。
2・3階部分の窓には、ロウソク。
そして「冬に、エジンバラは光り輝く…」って!
素敵すぎる〜!

ロイヤルマイルでの買い物終了後は、
プリンシーズ通りで買い物!
こっちはもっと最近のチェーン店がいっぱい。

その道に向かう途中にふと気付いた。
正面に↓ホテル↓があったんだけど、

美人ホテル

普通に慣れちゃったけど、
この建物、すっごい美しいんじゃないか!?って思って。
ロンドン行っても、むしろウィンチェでも、
普通にこういう建物が多くて慣れっこになってるんだよね。
でも、すっごい美人さんなホテルに改めて感動。

で、プリンシーズ通りには、イギリス最古の百貨店が。

ジェナーズ百貨店
ジェナーズ

中にはなんと素敵なクリスマスツリー

クリスマスツリー

フランスの方が豪華でキレイだったと思うのは内緒…


ちなみに、同じ「UK」で、同じ「£」でも、
お札の柄が違います…。

スコッチpんど
スコットランドの£10札


あと、すっごくかわいかったのが、
バスの席さえもタータンチェック!

タータンチェックのバスシート


・・・なんかまったくまとまってないけど、
エジンバラはこんな感じでした!
あのねー、やっぱりキレイ☆素敵な街でした。
北と南じゃだいぶ違うよね。


明日は雨が降ってなければ、朝一で街におりて、
黒染め買ってきまーす!
髪の毛黒くしてやるーーーーー!笑
10:02 Travel comments(0)
エジンバラ2日目☆エジンバラ城.Ver
さっっっっむい!ウィンチェここ数日寒い!

しかも、昨日の夜に停電が発生。
非常灯しか付かない2階建て20部屋以上の寮は
結構怖いぞー(笑)
うちの寮だけでなく、地域的に停電だったらしい。
なんだか去年の東京の大停電を思い出すよ。

なので、後輩と友達に私の部屋で一緒に寝てもらいました(笑)
久しぶりに修学旅行というか合宿というか、
そういうノリで楽しかったな。

じゃ、エジンバラ2日目、写真が多いからエジンバラ城メインで!

----------------------------------------------------------

朝ご飯はコンチネンタル。
おっかしいなぁ。ネットにはトラディショナルってあったよね?
まぁ、そこはイギリスだからしょうがないか。The☆適当。

ダイニング

一応ブッフェみたいなのもあったり。

ブッフェ?

朝一で10時頃にエジンバラ城に行ったよ☆、
人も少なめで良い感じ◎
土曜日だから人が多いんじゃないかって心配してたけど、良かった☆
観光地はせっかく綺麗な場所でも、人混みで雰囲気でないからさ。
よかったよかった☆

エジンバラ城@昼間
昼間のエジンバラ城。

Old Town
Old town。

New Town
New Town。

駅
ハリポタの列車走ってそう♪

良い雰囲気☆
階段かわいいー!

急な坂
ほら、馬に乗った戦士(ブラピ in my imagination)が!

お店を見下ろす
さらにお城の上から。

犬のお墓
Dog Cemetory。兵士の犬のお墓。
犬を大切にしてたなんて素敵☆


対イングランド
スコットランドがイングランドと戦ったときに使用された物。

バズー!
なんか、バズー(@天空の城ラピュタ)がいそうでしょ?

LOTR
ほら、銀髪をなびかせるオーリ(@LOTR)が橋の上にいそうでしょ?

戦争没者のための
戦争で亡くなった方達の帳簿とかが保存されてます。
でも、建物を下から見上げるとまるでヴァンヘルシング…。


ライオン
イングランド国旗の模様の盾を持つライオン。かっこいい。

ユニコーン
スコットランド国旗の模様の盾を持つユニコーン。美人さん。

ユニコーン。スコットランドのマーク
ユニコーン。かわいい。

イングランド×スコットランド
おそらく有名な画。(殴)

アーチ。
かわいいアーチ。学校の校門こんなんだったらいいよね!


はいーーー。こんな感じです!
妄想と想像のふくらむエジンバラ城でした!

ちょっと心霊現象体験したりで体調悪くなりましたがー、
全体的にはすっごくキレイで大好きな場所になりましたーーー!

観光し終わってエジンバラ城出たら、
12時過ぎには、観光客わんさか!
早く来てよかったー!
02:03 Travel comments(0)
エジンバラ1日目☆
最近マスカラをしないメイクにはまってまーす。
ただ単にめんどくさいのとまつげを大切にしようと思ったからなんだけど
何もしないというのも意外といいかも♪って感じ☆

さてさて。
エジンバラの振り返り1日目行きますか!

----------------------------------------------------------

前日が友達の誕生日パーティーで、
家に帰ったのが朝方3時過ぎだったかな?で。
それから急いでお風呂に入って、メイクし直して(笑)、
パッキングを最終完了させたら、
もう家を出る時間!4時半でしたー。

コーチ(長距離バス)でヒースロー空港まで行って、
bmiというスターライアンスの飛行機でエジンバラまで。

この飛行機がね、怖かったの。
「エンジントラブルによりメンテナンスするので遅れます」って。
おーい!エンジンじゃぁ落ちるじゃないか!笑

結局3時間?2時間半?遅れで飛行機離陸です。
でも、正直な話、あまりにも眠くて、
飛行機乗ってからも結構長い時間待たされたらしいんだけど、
爆睡で……苦笑。
飛行機離陸して飛んでるときも95%は寝てました…。
でも、一緒に行ったお友達によると、
すっごいエンジン音が普通より大きいし、
すっごい揺れるし、これは終わりかもしれないって思ったって。
・・・・・・・寝てて良かった…。
着陸するときは起きてたんだけど、
やっぱり揺れがすごくて。
でも、風がすっごく強かったからの揺れだったのかな?
それにしてはすごかったけどね。
でも、これ落ちるなって揺れではなくて、
何とか冷静で居られました。

まぁ、そんなこんなで、エジンバラ到着!
お腹が減りすぎて、とにかくどこかで食事!
って、食べるところ探してたら早速遭遇、これぞスコットランド。

タータンスカート

素敵☆

そして食べたのはイギリスの伝統料理…

フィッシュ&チップス
フィッシュ&チップス

でもでも!スコットランドはお魚(まだ)新鮮で有名だから♪
ウィンチェで食べるものより、身もしまってて、
生臭くもなくて、正直すっごく美味しかった!

お腹も満たされたところで、目指すはB&B!チェックイン!

コレが結構歩くんだけど、着いてみたら思ったより全然素敵なの。

B&B

ネットで探したときには2つ星だったけど、3つ星になってて、
どうやらランクアップしてたし☆
その割には値段もかなり安くて良い。

しかも、エジンバラのバス安いの!
ウィンチェだと街から寮の近くのバス停までで£1.10とかするけど、
その倍以上の距離でも、一律£1
日本の都バスみたいな感じかな?だから時々はバス使いました♪

で、夜暗くなって来ちゃったので、エジンバラ城は翌日にして、
目指すはスコッチウィスキーの博物館♪

でも、その前に…

エジンバラ城の夜景
夜景のエジンバラ城☆キレイだったぁ〜

で、スコッチウィスキーの博物館では、
入場料がちょっと高いけど、その代わりタダで1杯ウイスキー飲める☆
テイスティング用の専用グラスもタダでもらえるの!

ウィスキーの博物館

スコッチウィスキーの歴史をいろいろなアトラクションで学ぶんだけど、
とりは、なんと、ゴンドラね!
あの、TDLの白雪姫みたいな感じ(笑)
でも、スピードがすっごい遅くて、おねむの私と友達は、
何度か意識を失いました。

で、上の写真の下の方にイヤフォンが見えると思うんだけど、
それで各国の言語の翻訳版が聞けます。タダで。
で、日本語聞いてたんだけど、
めっっっっっっっっっちゃ爆笑!訳おかしい!

「繊細な味」って訳すべき英語を、「微妙な味」って!!
あはははは。マジずっとこらえきれずに笑っちゃったよ。
これはツボ。もう一回聞きたい!

ウィスキーショップもさすがスコットランド!

タータンの床
床がタータンチェック!

お土産も買ったし、後はディナーです!

夕焼け
ノースブリッジって橋からの夜景☆

向かうは「ムッセルイン」というお店。
ムッセル=ムール貝の事で、新鮮な魚貝が食べれるの♪

まずは、クラムチャウダーのバージョン!

チャウダー
ナントカチャウダー。

ムール貝
そして、そして、ムール貝のトマト煮ミニポッド!

魚貝の苦手な私でも、全部食べました!美味しい!

1日目はコレにて終了。
ホテルに戻って2人とも9時に就寝でございます。(早)



じゃぁ、続きは後日!
20:13 Travel comments(0)
芸術の秋。自ら。
1

2

3
10:43 Travel comments(0)
パリ旅行 - 3日目&ラストデイ
どーも。お久しぶりです。
パリ旅行の報告にこんなに時間かかってごめんなさいー。
最近、朝6時に寝る生活が2日間続いてまして。
今日もそうなりそうな予感?
昨日は勉強のためだけど、今日はネット遊びですかねー?

とにかく、いきましょう!

------------------------------------------------------------

目が覚めたのは11時?12時?
朝8時に帰ってきた2人組は当然夢の中なので、
ドアを何度ノックしようと起きる気配は全くなし。
なので、2人を置いてお買い物に行くことに。
イギリスのハロッズみたいな、パリバージョンに。
でも、ハロッズほど高級なお店ばかりじゃなくて、
ディオールも入っていればZARAも入っているような、
オールマイティーな、私にはウキウキなお店!

デパート

1階はマジでキラッキラしてて!
化粧品がいっぱい!Dior、CHANEL、LAMCOME・・・!
当然見るべ〜!って思ったら、素通り!本当に素っっっ通り!
なんで?で、行くのがMAC?

なんでーーーーーーー!?

で、「死ぬほどノド乾いた!」とか言いだして、
7階にあるマックに行ってジュースを買って、
そのまま1階に戻って、外に出るの!

はい〜〜〜?

「あー息苦しい!具合悪い!こんな混んでるところで買い物なんて

クレイジー!」

・・・・・・・・。ありえん。ありえん!つまんない!

無理矢理、45分の別行動の時間を作り上げ、
私だけ猛ダッシュで買い物。
トップを1つ買いましたー。
もーマジ悲しい。
私パリで香水買いたかったのに。マジで悲しい。

メガンが一言言いました。
「このデパート私の生まれた村より大きいもん。」

・・・・・・・・・・・そっか。ならしょうがない。うん(笑)

クリスマスツリー

その後、ホテルに戻って2人を起こすことに。
帰ったのはたぶん3時半?
それまでずっと寝てたんだって。
で、今から仕度してごはん食べて戻って来たらお部屋に来ることに


それまで私の部屋の2人は寝るそうでして。

・・・・・パリで何で寝てすごさなきゃ行けないの?

ってことで、近くのスーパーに行ってお土産買うことに。
かなり色々悩んで買って、やばいやばい!遅刻!って思って、
いっそいで部屋に戻ったら・・・・

真っ暗な部屋で二人とも爆睡。
別室の2人も絶対また寝てるんだろうなぁ〜って思って、
マジショック。
何しにパリスに来てるんだい?

10分悩んで、もう一回外出決定!
5時半には戻るねって置き手紙して、またお出かけ。
近くの駅に行って、ロキシタンのお店に行くことに。
やっと買い物終わって時計見たら、なんと戻るべき5時半。
やっばいやっばい!
って走って帰って、お部屋の扉開けたら・・・

真っ暗爆睡。

おーーーーーい!

もう一回出かける気にはならずに、私も昼寝。

7時に起床。
友達起こして、サクレ寺院に行きました。

その往き道で、アルクホリック2人組の女の子の方に、
「昨日ちょっと落ち込んでたみたいだったけど大丈夫?」
と聞かれました・・・・(汗)
あーたのせいですよ。落ち込むと言うより、怒り?
「いや、大丈夫だよ」
「そう?私には言って良いんだよ」
「いや、知らない人とすぐに飲みに行くのとか不安で」
「そっか。でも、文化を知るベストWAYでしょ?」

・・・・・それって文化?Drinkingの文化?

そうかぁ。イギリス人には飲みの文化が大きいのね。

サクレ寺院

パリの夜景

サクレ寺院に夜行くのは始めて!
パリの丘の上に立つ教会なんだけど、
教会にたどり着くまではいっぱい階段登らなきゃなの。
一生懸命階段登って着いた先には、ライトアップされた寺院!
キレイでしたー。

中では礼拝が行われてて、すっごい神聖でした。
心洗われる。懺悔室とかあって、友達がマジでやりたそうだった。

その後、近くでディナー!
私にはかっこいいと思えなかったけど、
イギ人の女の子が「かわいいかわいい」と言うウェイターが。

かわいいウエイター

夜12時頃にレストランを離れて、ホテルへ。
アルクホリックの別室2人はその夜も飲みに出かけてました。
クレイジー。マジでクレイジー。
同室3人は、身近のゴシップを語り合って、
眠くなって勝手にそれぞれ就寝。
一番ショックだったゴシップは、
ダンスのキャシーっていう先生が、
ダンスのヘッドであるポールって男の先生と付き合ってたけど、
今はレナータっていう女の先生と付き合ってるっていう事実。

・・・・えーー。世界狭い!


翌朝は、ユーロスターの時間が早いので早起き。
3日間で始めてホテルで朝ご飯食べた。おーーい。

北駅売買

帰り、パリからイギリスに戻るのはちょっと大変なの。
フランス側のパスポート確認の後に、
もう一回、イギリスのパスポートコントロールがあるのね。
で、イギリス国籍のパスポート持ってない外人は、
特別な紙に記入しなきゃいけないのー。
これは、毎年イギリス戻る度に書いてるんだけどね。

私だけその紙を書きましたー。で、私だけ、
「イギリスで学生やってるの?」
「なんの勉強してるの?」
「どこの大学?」
「何年生?」
て質問攻め〜。他の4人は遙か向こう。悲しいかな外国人。

でもね、そのパスポートコントロール受けるまでにも、
けっこう時間がかかるのね。
でも、ヒースローなんて2時間待ち普通だしー。
イギリスに入るのに時間かかるのなんて普通だけど、
当のイギリス人なんて、知らないのね。

「何でこんな時間かかってるの?」って。
「テロがあったせいでセキュリティー大変なんだよ」
「へー。クレイジー。」

・・・・・おたくの国ですよ!





この旅行で学んだ事。
イギリス人の友達のレイジーさとかファッションへの興味のなさ。
自分の国を知らなすぎること。
文化のとらえ方が微妙に異なること。
とか、なんとか、いっぱい。

パリにいるのに毎日飲んでるなんてもったいない。
買い物しないなんてもったいない。
3日もパリに居て、これしか観光名所行けないなんてありえない。
けど、コレが現実ででした。

うーん。良い勉強。良い経験。


疲れたけどー楽しかったけどー大変だった。これ感想。

そしてウィンチェに着いて現実に戻される。
うえーーーん。
次は12月頭のスコットランドはエジンバラ!
お金貯めるぞー。


その前に、勉強。
うえーーーーーん。


長い日記に付き合ってくれた方、ありがとうwww
11:50 Travel comments(0)
パリ旅行 - 2日目
私はとってもまじめな生徒です。
なぜなら月曜1時からの授業をサボることなく出席したからです。(当たり前w)

最近、とっても日々の流れがキレイだと思うの。
・・・は?って思うよね?
例えばね、先輩の旦那様でウィンチェの大学で映画勉強して卒業したお友達に
夏の終わりに日本で会ったときに、卒論について話したら、
「昔の日本での同性愛の受け入れられ方と比較したら?
『御法度』って映画がすごくイイよ」ってアドバイスもらってて。
でも、その時は他の国と比較しようかな〜とも悩んでて、
普通にそのアドバイスを聞いてたの。
で、ウィンチェ帰ってきて、寮に司馬遼太郎の『燃えよ剣』があって。
その時めちゃめちゃ日本の本を読むのにハマってたから読んだの。
その本の内容はご存じの通り「新撰組・土方歳三」の話で、
読んで改めて沖田総司が好きになって♪(え?あれ?笑)
で、総論に関してスーパーバイザーに
(卒論に関しての担当の先生ね。彼の名前はスティーブンです。
彼の部屋にはフランス語の『千と千尋〜』のポスターがある。
これからスティーブンで通すので覚えてくださいwww)
「日本映画に固定した方が良い」と言われたので、
侍時代と現在のホモセクシャリティーに焦点を当てる事に決定。
そして『御法度』を見たら、なんてことでしょう!
映画自体がゲイの話で、しかも新撰組!予備知識は本で完璧!
そう、つまり、先輩の旦那様、本当にどうもありがとうって事です。

それから。そのサボらなかった授業で私はReading Leaderだったんだけど、
何故か今週は先週にReadingをもらわなかった上に、
結局、今日その授業でReadingをもらったので、
読まなくて良かったの!
パリのせいで確実に読めなかったから、この奇跡に感謝!
ありがとう、神様。

そして、水曜日にオーストラリア映画のホラーについてのミーティングがあるはずだったんだけど、
金曜日に移行になりまして、何も始めてなかった私に、
勉強する時間が2日も出来た訳です!

でも、風邪ひきました。
世の中良いことばかりじゃないのねー。(当たり前)
扁桃腺が大きく腫れて(元から大きいんだけど)、痛いっす。


・・・・なっがい前置きですね。すみません。

ってことで、パリ2日目!振り返りSTART!
長いので覚悟してね☆

----------------------------------------------------------


カラオケバーで飲みまくり、朝帰ってきた二人組は爆睡中のため、
ホテル同室3人で近くのレストランでブランチ。
レストラン探しに私たちはホテルを出て右に向かったんだけど、
昨日の夜ルッシンダと雨の中スーパーに走って行った時も、
ホテルを出て右手に向かったのね。そしたら、

ル「あ、昨日もスーパー探して右に曲がった?」
私「そうだよ」
ル「なんでこっちにきたの?」
私「え?覚えてないの?私たちの知ってるスーパーは左にあるはずなのに、ホテル出た瞬間『こっちだよ!』とか行って右に曲がるから、てっきり知ってるんだと思ったんだけど?」
ル「あはは(笑)全然覚えてない!」

・・・・・マジですか?そうですか。

まぁそんなこんなで、ブランチ。

シャンデリア

ルッシンダのランに

私のランチ

ホテルの近くは普通にパリって感じの町並み。

いかにもパリって感じ

お花キレイ

教会

ホテルに戻ってアルクホリック(飲んだくれ)な2人と合流。
エッフェル塔を目指す。

地下鉄のホーム

メガン空中

二階建ての殿舎


エッフェル塔

ファンタジーの世界

エッフェル塔に登るには、エレベーター階段
私は前回登ったときはエレベーターだったんだけど、
エレベーターは当然長蛇の列なのね。階段のが空いてるの。
したら、デビが
「時間の無駄!並んでる間に上に着くよ。階段で行こう。」
と言いだして、階段で上に上ることに。

階段上り中

鉄骨

レベル1に到着。息切れ切れ。

ジェイの後ろ姿

施工中のおじさん人形

レベル2を目指す。足がくがく。

レベル2

最後の最後まで階段で行くというので、
エッフェル塔のテッペンまでの階段のチケットを購入。
しかし、封鎖されてたため、幸運にも階段の値段でエレベーター。

ヘリコプター

凱旋門

寒くて、風が強くて、全てが凍るかと思った。。。

レベル2までまたエレベーターで下りて、
そこからはまた階段。チケット確認されるから。
したらジェイが「最後に下に着いたヤツがビールおごり」とか言いだし、
せっまい階段なのに無理だって思いつつも、
まじめに急ぐ私とルッシンダ。
上段で後ろから私を押し倒そうとしてビビらせるジェイ。
まじめに怖いから!
「あぁ、なんて紳士なんだろう!」って言ったら、
「紳士?ぼくは紳士だよ。さぁ先にどうぞ」って言われたw
けど、すぐ抜かれたw
結局ビールの話なんてどこへやら。ぶー。
一人迷子になって、下で待ち続ける。

下から見上げると・・・

飛行機雲

近くでお茶して、

お茶中

クレープ買って

クレープ

次は凱旋門へ。

凱旋門

アーチの天井

車は凱旋門の周りを走ってマース

そのままシャンゼリーゼへ。

ここで、私はイギリス人のファッションへの興味のなさに愕然。
入るお店は、車のお店か、ZARAとかイギリスでも普通なお店ばかり。
セフォラって化粧品のお店や、
ルイヴィトンの本店にも興味を示さず、
やっと入ると思ったら、ディズニーストア?
おーい。
他には、ちょっとうさんくさい、地味なお店が何個かある建物とか。
おーい。おーい!ここはパリです!もっと他に何かあるでしょ?
最後にアディダスに入って終了。

パリで買い物は出来ないんだろうと腹をくくって、
マジ泣きそうになったけど我慢して終了。

ちなみに、夜はシャンゼリーゼにあったマック。
一人が「なんでマックがこんなに混んでるの?
しかも普通に観光客とかでいっぱいな訳じゃないし。
なんでちゃんとしたお店とか行かないんだろう。マジ謎」って。
私には、イギリスのマックの質がめちゃめちゃ低くて、
その割にはめちゃめちゃ高くて学生とか普通に入れない、
そんなマックなのが私には謎!って思ったら、
ロンドン出身の子が「でもウィンチェのマックは最悪だよ?
ロンドンはもうちょいマシだし。」って。
ナイスフォロー。

部屋に戻って、近くのバーへ。その支度をするみんな。

ヘアーセット中

ダンス学科には4人男の子が居るけど、
ジェイが唯一のストレートの男の子。(他はみんなゲイ)
でも、ルッシンダの髪の毛セットしてるジェイが、
めちゃめちゃゲイっぽい!って言ったら、
「あらぁ。こんな髪型もいいんじゃないかしらぁ?」って!笑
その言葉遣いと仕草に大爆笑。
ごめんね、同性愛勉強してるからそれが差別なのはわかってるんだけど、
ホントに面白かったの!

ビンスのバー

昨日も言った近くのバーで飲む。
ここのオーナーさんがビンスって言うんだけど、イケメン☆
デビがまじめに惚れてましたw

ビンス

酔って遊び出す私たち。

ジェイにキス

そのままそこのバーの常連さん達とカラオケバー。

カラオケ中

コーラ一杯が4ユーロ(600円)
ワイン1杯が12ユーロ(1500円)
パリのナイトライフはめちゃ高い。

なのに!な・の・に!
パリのクラブに行くというみんな。
私だけ乗り気じゃない私。
入るのに30ユーロ。そこまでのタクシー代も高いし。
なによりも、会ったばっかりの人たちと行くのは怖いし。
私だけ一人でホテルに帰った、夜3時。
なんか涙でた、パリの夜。
お風呂に入って寝る準備。
同室の二人が帰ってきたらノックで起こされて部屋の鍵開けなきゃだし、
別室の二人は私たちの部屋に鍵置きっぱなしだし。

同室のルッシンダとメガンは6時帰宅。
他二人は朝8時。めちゃめちゃノックしまくって、
「そこにいるのは分かってるんだから開けて〜」とか
「なんで俺たちの鍵までフロントでもらっちゃうんだ?」とか、
めちゃめちゃ不愉快!他2人爆睡だし!
マジむかついて、「今鍵探し得るから少し待て!」
「良い?自分で鍵ここに忘れてったんだからね?」
「Shit!」って言って、私は爆睡。
マジむかついた。

その日の起床は昼12時。パリに来てなにしてるんだか。




ふー。長っ!3日目もまた明日(か、明後日)!
03:48 Travel comments(0)
パリ旅行 - 1日目
お久しぶりです☆日曜日無事にパリより戻りました〜♪

今回の、イギリス人4人と日本人1人の3泊4日パリ旅行、
楽しかったけど、大変だったけど、疲れたけど、楽しかった。
正直、波瀾万丈で、精神的にも疲れたけど、
全てひっくるめて、楽しかったと同時に、良い経験でした。

それでは、1日目を振り返っていきましょう!

----------------------------------------------------------

☆ウィンチェスター → ロンドン・ウォータールー → パリ

ロンドンからパリへは「ユーロスター」という列車で1本。
約3時間でドーバー海峡の海底を通ってパリのノード駅(北駅)へ。

ユーロスターが朝8時12分にウォータールー。
ロンドンまでは、今回の旅行のリーダーのルッシンダのハウスメイトが、
一人£10×4人で、車で送ってくれることに。
朝4時45分に友達が私を迎えに来て、
そのままデビってクラスメイトをピックアップ、
その後メガンっていう1個下の子を車でピックアップ。
みんな、興奮してテンション高いしw
「朝早く起きると、何でかわからないけど胃が痛いよね!」
って、みんなで話してたw

ルッシンダがデビに「忘れ物ない?」って聞いたら、
デビが「うん!う○ちしなかった事だけかな〜」って言うから
ルッシンダが「う○ちの仕方忘れたの?」とかいいだしてw
デビは彼氏が泊まりに来てたからし辛かったらしい。
そこから「世の中の男は女の子がう○ちしないと思ってる」
「トイレ入って臭いと『くっせーー!ありえねぇ!』とか言う」
とか、う○ちトークにが咲く朝5時。

その後、ルッシンダの家に一回戻って、ドライバーを起こして、
大きい車に乗り換えて、いざロンドンへ。
もう一人、ジェイって男の子はロンドン郊外に実家があるので、
ジェイとはウォータールー集合。
コスタっていうカフェで優雅にお茶して新聞読んでたw
ジェイとデビは喫煙者だから、ユーロスターの前に一服。
待たされてちょっと不機嫌な私たち3人w

ユーロスターの改札

パスポートコントロールは、学生ビザを見ることなく通過。
イギリス人の4人なんて、顔写真のページすら見られなかった;
ロンドンからパリに行くのは、ほんと簡単。

ホーム

☆パリ到着 → ホテル → ルーブル → 観覧車 → ブランド街

ホーム2

フランスはイギリスより1時間早いので午後1時にパリ到着。
ホテルは北駅の隣、エスト駅(西駅)から歩いて数分。

北駅

ホテルにチェックイン。3人部屋と2人部屋。
私&ルッシンダ&メガンが3人部屋で、デビ&ジェイが2人部屋。

???

最初の観光先は、ルーブル美術館!
ルッシンダのFYPのために写真を撮りまくる。

撮影中

ピラミッド

ガラス越し

旅の仲間

左から、デビ・ルッシンダ・ジェイ・メガン・さえこ。
デビはスコットランド人で、ミステリアスな魅力のある子。
ルッシンダは、今回の主催者。振り付け師になるのが夢。
ジェイはインド人だけど、両親もイギリス生まれで国籍もイギリス。
メガンはダンス学科の2年生で、ルッシンダとバイトが一緒。

お金もったいないしとかいう理由で中は見なかった(汗)
一度見てるから良いけどさ。

そのあと、ルーブルの目の前に見える観覧車を目指す!
ルーブルはもったいないけど、観覧車は乗るのね。
入館料と乗車券、あんまり変わらないんですけど〜?w

観覧車

観覧車から

コンコルド広場の夜景

最後の写真はコンコルド広場。観覧車のあったトコね。
この写真の右手方向に進むと、マドレーヌ寺院があるの。
そこまでの道に高級ブランド店が並んでまーす。
化粧品のロレアル・パリとか、時計・宝石店を始め、
シャネル、ディオール、カルティエ、D&G、プラダetc…
中に入るかと思いきや、見るだけー。
イギリス人、ブランドあんまり興味なし。

☆ホテル → ホテルで飲み → パブ

西駅に戻って、近くのお店でお酒を買ってホテルへ。
飲み始めて、ドリンキング・ゲームして(飲ませるためのゲーム)
お酒が足りなくなって、途中で雨の中私とルッシンダで買い出し。
お酒に、ポテチに、クッキーに、サラミを買ってホテル戻る。
ひたすらクイズとか、命令ゲームとかして、
お酒を飲みつつ相手の素顔を暴いていくしw

バランス

挟まる

テンション上がって、バランスとかし始めて(下参照)、
バランス崩して倒れるしベッドに挟まるしw
私は見て笑ってる人に徹してたけど、後に巻き込まれたw

夜のサクレ寺院に行って、階段に腰掛けてお酒飲もう!
とか言って、お酒のボトルを持って出かけたはいいけど、
ワインボトルのコルクが開かないから、
近くのバーに寄ってオープナー借りたら、
そのままそこに居座ってしまったー。
私&メガン&ルッシンダはサクレ寺院行きたかったのにー。
お腹減って、ケバブ食べて、そのままホテル帰って爆睡。
でも、ジェイとデビはカラオケバーに行って、朝に帰宅。




・・・・・・・ふー。
これが1日目です。長っっっっっっ!
この続きはまた明日!(か、明後日!w)

05:22 Travel comments(4)
それでは、いってきます☆
昨日の月曜日の夜中3時、無事にConsumptionのエッセイを終わらせ、
今日、無事に提出してきました〜☆
自分お疲れ!
まさか、たかが1000wordsでこんなに苦しむとは思わなかったけど。

今日はパリ旅行の事を詳しく話すために一緒にランチ!
彼女のFYPダンスのコンセプトを聞いたのー。

すっごい楽しそう!Interesting!

パリの建築物を体で表現したいと。
その建築物の前で、建築物を表したポーズを撮って、写真に納める。
その写真は舞台のバックドロップに白黒で映し出されるの。
建物というのはその周りの環境によっても雰囲気が変わる物だから、
舞台の上ではその周りの環境も表現するんだってー。
たーのーしーそーおー。

ランチの帰りに街におりて、コンセント変換も買ったし、
準備は良い感じです。
でも、昨日の日記のように、勉強しなきゃって感じ。

紅葉。
寮から大学への道にある木。紅葉♪

最近、また寒いー。
シャワールームには大きい窓が付いてるし、
ヒーティングシステムも稼働してないから、
朝とか普通に外に居るみたいな感じなのね。
だから朝のシャワータイムは今日の気温を知る絶好のチャンスなのだー。

・・・・・・・・なんかとりとめ無いニッキ。

とにかく、パリにいってまいりまーす。
写真いっぱい撮ってくるぞ!
お金もいっぱい使ってくるぞ☆
03:44 Travel comments(0)
<< 2/4PAGES >>