高校を卒業後、イギリスの大学で4年間、FilmとDanceを勉強。
2008年無事日本に帰国して、2009年4月より新社会人中です。

気まぐれ更新中☆

Since 2006.09.18←2005.02.19←2004前半
<< 予定なんて崩れるためにあるのさっ。 main その長さ、5時間。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
やっぱり、全てに理由があるんだねっ。
ただいま、月曜日のダンスのプレゼンの勉強&準備中。

ちょっとビックリした繋がりが。

今、舞踏について勉強してるんです。
舞踏とは日本人が生み出した、独特なコンテンポラリーダンス。
日本舞踊とかとは違ってすごくアバンギャルドなのね。、

・がに股で短足である日本人の身体性へのこだわり
・土着の伝統芸能への回帰
・西欧の近代芸術を超克
・身体とイマジネーションの結びつき

とか、まぁいろいろ暗黒舞踏を表現する言葉があって。

YouTubeで色々映像見たり、ネットで調べていく中で
さらにすっごく興味が出てきた。
でもプレゼンでは、舞踏についてたくさんの時間を割けないから、
せっかくリサーチもしたわけだし、
後期にある授業で使おうかなって勉強しながら思ってて。

そのモジュールでは、
近くの学校に行って子ども達にダンスの授業をしなきゃで。
それの授業の内容を事前に考えて報告するレポートと、
実際の授業の進行の様子で点数を付けられるという恐怖の授業。
しかも英語で!(当たり前)
落ちる確率がめちゃめちゃ高くて今から泣きそう…。
英語で子ども達に授業なんて・・・。
教師になるつもりなんて100%無いのに…。
選択肢がなかったんだよ・・・

まぁまぁ。それは今はおいといて。
そんな中で、ふと舞踏家さんのリストを見たら。

「田中泯」さんの名前が!!!!

そう!
映画「メゾン・ド・ヒミコ」に出演してるの!
柴咲コウちゃんの父親役で、オダジョの恋人役。

この映画と言えば、
この映画が好きでコレを使いたいがために
卒論練習用のエッセイの内容をホモセクシャリティーにし、
その流れで、卒論の内容さえも決まったような、そんな映画!

ずっと田中泯さんのこと、すごく気になってて。
メゾンドヒミコのDVDのコメンタリーで、
犬童一心監督が「舞台の上でもすごい存在感が…」って言ってて
ダンサーさんだとは確か言ってなかったんだけど、
何故か勝手に「伝統芸能系のダンサーさん」って思ってたの。
で、いつもちょっと田中さんには特別な感覚があったんだけど。

ここで繋がるとは・・・舞踏家さんだったとは・・・
ちゃんと全てが繋がっているんだわー。スゴイ!
日本帰ったら舞台見に行ってみたいなぁ。
09:52 University comments(0)
スポンサーサイト
09:52 - -
comment

message :