高校を卒業後、イギリスの大学で4年間、FilmとDanceを勉強。
2008年無事日本に帰国して、2009年4月より新社会人中です。

気まぐれ更新中☆

Since 2006.09.18←2005.02.19←2004前半
<< 新携帯ゲット&ゴシップ main 『サイレン』&『プロフェシー』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
ガイフォークス&『恋愛写真-もうひとつの物語-』
★ガイフォークス★

今日は、イギリスの伝統的なお祭りみたいなものがあったの。
11月の最初の土曜日に必ずあるお祭り『ボンファイアー』。

このお祭りの起源は「ガイフォークス」という悪い男が
王様の手によって捕まって、火あぶりの刑にされた日をお祝いする日(残酷)
って感じだったと思うんだけど、たぶん。(適当過ぎ)

去年のボンファイヤーはミスってるので、今回は2回目。
初めてイギリスに来た年のボンファイヤーと、今年ね。

いやー、何をするかって言ったら、
ただ火あぶりの刑を表すように人型の人形を
キャンプファイヤーのBIGヴァージョンの炎で焼くのと、
その後の花火がメイン。

それが、2年前の花火は本当にショボくて、ショックだったんだけど、
今年の花火はすごかった!かなり日本の花火に近づいたと思う!
花火の打ち上げてるトコからかなり近いから、
煙が臭くて大変だったけど、すっごく感動したわー。
このWinchesterであんなに綺麗な花火がみれる日が来ようとは!!

その後はNigelという先生の協会で、ホットドックとホットチョコレート。
最近めっきり寒いので、とっても暖まった☆
11月入った瞬間、マジ真冬!

この前、バイト中におばあちゃんが新聞買ってて。
「ほら見て。北極並みの寒さですって。そうならないことを願うわ!」
と一面を見せてくれたんだけど。
そこには『イギリス、北極のような寒さにこの冬直面』
みたいなことかかれてて。
嫌だー。寒いのイヤー。

★『恋愛写真-もうひとつの物語-』★

作家・市川拓司の小説。友達に借りました♪

いやー、最初の5ページ過ぎたらすらすらと読めちゃう感じで、
最初から最後まで一気に読んだんだけど、
本当にこういう病気ってあるのかな?
もしそうなら、悲しすぎる病気だと思って。

また、読んだタイミングとも重なってかなり落ち込んだけど、
涙は出なかったなぁ。泣き虫なのに、私。

「好きな人が好きな人を好きになりたかったの」

超印象に残る台詞。
今日友達もここのこと取り上げてて、
やっぱりすごくインパクトのある台詞なんだって思ったんだけど、
これさー、「好きな人が好きな人」のこと元から知ってたら、
静流はどうしてたかな?ちょっと静流に聞いてみたいな。
だって大学内だったら元から知ってるとか大いにあり得ることだよね。

何パターンかあるじゃん
1.好きな人が好きな人を知らなくて好きになりたい
2.好きな人が好きな人を知らなくて好きになろうとも思わない
3.好きな人が好きな人を知ってて元から好き
4.好きな人が好きな人を知ってて嫌いになる
みたいな。もっとあるか。

夜中に読む本じゃないのは確かだね。
落ちちゃってしょうがない(笑)
08:04 Books comments(2)
スポンサーサイト
08:04 - -
comment
確かにあれは悲しすぎ!!!
でも浩も涙は一粒しか出なかったよ。。
明日夜にでも寄るわー☆
hiro 2006/11/08 05:35
>ひろちゃん
私も全然泣かなかったよー!
明日遊びに来てくれるの?
是非是非★テキストしてね!
さえこ 2006/11/08 06:03

message :