高校を卒業後、イギリスの大学で4年間、FilmとDanceを勉強。
2008年無事日本に帰国して、2009年4月より新社会人中です。

気まぐれ更新中☆

Since 2006.09.18←2005.02.19←2004前半
<< どこから更新してるでしょう? main West Downsのお部屋から >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
ダンス『Yippeee!!!(2006)』
Dance Studiesのコースの一環で見に行ったこのダンス。
ダンスの一環としてショーを見るときは必ず
隣町のEastleigh(イーストレイ)にある「The Point」って劇場に行くんだけど
正直今まで見たもので感心したものはなかったの。
でも、今回はすごくよかったよ。

すっごく不思議世界で。
それも中途半端な不思議世界じゃなくて、全く着いて行けない(苦笑)世界。
言い換えれば、誰も思いつかないし、創れない世界だったわ。

でもー、ちょっと気になるのが、
この前日本帰る前に見た、蜷川監督の舞台『タイタスアンドロニカス』を
思わせる節々があったりするのよ。
衣装が衣装掛けにかかったまま舞台に出てるとか。
真っ白の衣装に地血を思わせる赤を使ったり。
全く一緒じゃないけど、たぶん見てるんじゃないの〜?みたいな(笑)

ちなみに、ダンサーの中に日本人の女の子がいたよ。
やっぱり、目立つよね、アジア人のダンサーって。
って私がアジア人だから何だけど。

ライトの使い方も、音楽の使い方も私好みで。

ただ、ほんとに不思議だから。
日本人には受け入れてもらえないダンスだよ、確実に。
日本だったら「セクシャルハラスメント」になりそうな衣装もあったし。
こっちの人は本当に好きだから、下ネタ。

しかも、疲れてて途中ちょっと意識ぶっ飛んだし。
ライトをね、大量に使うセットで、まじ暖かいを通り越して蒸してたの。

帰りは友達が車に乗っけてくれて楽ちんでした☆


今日のダンスの授業は最悪。
この話はまた後で!
02:24 Theatre comments(0)
スポンサーサイト
02:24 - -
comment

message :